2008年12月11日

弱いものいじめ

弱いもの虐め、という言葉があるけれど。一方で強いもの虐めという言葉は、聞いたことがない。

いじめは、常に弱いものを対象とするものなのでしょう。
ならばわざわざ弱いもの虐め、といわなくても、虐めは、必ず相手が弱いもの。そうすると、全ての虐めは弱いもの虐めということになるのです。

昔、子どもの教育で、「喧嘩するなら、自分より強い相手とだけ、しろ」というものがありました。
弱きを助け、強きをくじけ、と。

強いものを相手に戦う、というのは、これ以上の虐め防止はなかったかも知れません。
この知恵が失われているようにも思います。

いまは、弱きを助け、強きをくじけ、なんて誰も言いませんよね?
ラベル:いじめ
posted by イジメと虐待 at 17:12| Comment(1) | いじめ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。