2008年12月11日

弱いものいじめ

弱いもの虐め、という言葉があるけれど。一方で強いもの虐めという言葉は、聞いたことがない。

いじめは、常に弱いものを対象とするものなのでしょう。
ならばわざわざ弱いもの虐め、といわなくても、虐めは、必ず相手が弱いもの。そうすると、全ての虐めは弱いもの虐めということになるのです。

昔、子どもの教育で、「喧嘩するなら、自分より強い相手とだけ、しろ」というものがありました。
弱きを助け、強きをくじけ、と。

強いものを相手に戦う、というのは、これ以上の虐め防止はなかったかも知れません。
この知恵が失われているようにも思います。

いまは、弱きを助け、強きをくじけ、なんて誰も言いませんよね?
ラベル:いじめ
posted by イジメと虐待 at 17:12| Comment(1) | いじめ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
虐待にいじめ、この頃ふえてますよね!私はそんな事をする人が許せません↓返信待ってます。
Posted by ユリ at 2011年03月31日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。